コウノトリチャレンジライド大会情報ブログ|2011年7月の記事

御所の湯

大会参加申込み期限まで2週間を切りました。

まだまだドシドシふるってお申込みくださいませ!!

そして、外湯のご紹介は今回が最終回です!

7つ目は「御所の湯」・・・

外観-御所の湯.jpg

後堀河天皇の御姉安嘉門院が入浴されたという由来により名づけられ、美人の湯とも言われます。

 

内観-御所の湯.jpg

地元産の杉丸太を組み上げてガラス屋根にした「天空風呂」などがあり、

大きな滝を眺めることが出来ますよ。

大会参加の特典として、どれか1ヶ所好きな外湯にご入浴いただけます。

大会のもう一つのお楽しみにしてくださいね。

鴻の湯とコウノトリ

外湯6ヶ所目のご紹介は「鴻の湯」です。

実はこの温泉、コウノトリが足の傷を癒していたことから発見されたと伝わります。

鴻の湯3.JPG

コウノトリ舞う町にふさわしい、この温泉もオススメです。

ここは庭園風呂がお楽しみいただけますよ。

ゴール直前に通過します。

 

 

 

外湯のご紹介(その5)

大会まで、あと43日です。

まだまだ皆さまのエントリーをお待ちしています!

今回の外湯のご紹介は、「地蔵湯」です。

前回の柳湯より少し手前に位置し、ここもコース終盤に通過します。

地蔵湯.jpg

建物に見える六角形の窓は・・・

そうです!ジオスポットの「玄武岩」をイメージしたものです。

泉源から出たという地蔵尊を玄関前にお祀りしています。

 

 

 

桑の木

スタート直後、コース右手側に桑の木が見えます。

これは小説「城の崎にて」(志賀直哉 作)に登場する桑の木が

当時(大正2年)から群生している場所で、今もその場所がわかるようにご案内しています。

DSC00305.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説「城の崎にて」は学校の教科書でも採用された名作です。

大会参加を機会に是非、読んでみてください。

外湯のご紹介(その4)

今回は「柳湯」をご紹介します。

こちらもコース終盤に通過する場所に位置し、

先日、紹介した「一の湯」より50メートル程手前にあります。

外観-柳湯s.jpg

中国の名勝西湖から移植した柳の木から湧き出たという伝説があります。

浴槽が深く、湯温が少し高いのが特徴です。

こちらも、足湯をご利用いただけますよ。

では、次回をお楽しみに!